肌寒くなって来ました。

うがい・手洗い・マスクをして風邪をひかないように予防していても、完璧に防ぐのはむつかしいですよね…。ちょっとおかしいな、という時は漢方の出番です。

ぞくぞく寒気がする様な時には、体を温めて風邪を追い出す「葛根湯(かっこんとう)」。

溶けやすい顆粒タイプなら、ぜひ、熱いお湯で溶いてお飲み下さい。少し生姜を加えるのもおすすめです。

寒気はそうでもないけれど、ちょっと喉がおかしいなという時には、「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」をおすすめしています。

スイカズラやレンギョウなど、炎症や軽い熱を冷ます薬草でできた錠剤の漢方薬です。

どちらも早めにお飲み頂くほど効果的です。

どうぞ、消化の良い温かいものを召し上がって、早めにお休みください。

 

葛根湯の葛根は、マメ科のつる性植物「葛」の根です。

「葛」と言えば、葛粉を使った葛湯、葛餅、葛切りなど美味しいですよね。

葛粉は葛の根を水の中で叩いて、とったデンプンです。

片栗粉の代わりに、炒め物のとろみ付けに使うと、冷めても水っぽくならずに美味しいですよ。

歌舞伎に、「葛の葉姫」に化けたキツネが、命の恩人の「安倍保名(あべのやすな)」と夫婦になり子供をもうけたが、正体が露見して森へ帰って行く「葛の葉子別れ」というお話があるそうです。

その子供が「安倍晴明(あべのせいめい)」だということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です